不妊治療

第11回日本臨床エンブリオロジスト学会・認定臨床エンブリオロジスト資格試験への参加

平成 18年1月8日 静岡県浜松市のアクトシティ浜松コングレスセンターにて第11回日本臨床エンブリオロジスト学会が開催されました。
当院からは山川圭介さん、東川博子さんが参加し、山川圭介さんが演題発表を行いました。演題名は『Aromatase阻害剤によるおける卵、子宮内膜への影響』でした。会場からも質問が出て、今後に役立つ意見交換が出来ました。
また、翌日の9日には認定臨床エンブリオロジスト資格試験が行われ当院の2名(山川・東川)が受験し、合格しました。