不妊治療

体外受精

培養室の中での流れをご覧ください ~高度な技術者集団です~

体外受精(採卵)前日に 培養液準備

卵や精子は生きている細胞であるため、体外に取り出した後はできるだけストレスのない環境に置いておかなければなりません。そのため採卵で卵胞を吸引してから、胚移植で患者さんの子宮に戻すまでの間、専用の培養液を使って培養する必要があります。

向かって右からミネラルオイル(透明)、培養液①(赤色)、代替血清(黄色)、培養液②(赤色)、洗浄用培養液(透明)、培養液①と②には、卵へのストレスを減らすために代替血清を入れて使っています。

採卵で卵胞液の中から卵をとり出すときにつかうシャーレです。4つの穴と真ん中の十字のくぼみに培養液①が入っています。4つの穴の上にはオイルがかぶせてあります。

卵は顕微授精まで少し時間をおく必要があります。このシャーレの真ん中に卵を入れて2時間ほど培養します。くぼみが二重になっていて、どちらにも培養液①が入っていて真ん中にはオイルがかぶせてあります。

採卵で得られた卵は、周りに卵の発育を助けてきた細胞がついています。この細胞は顕微受精をする場合には剥がす必要があります。このシャーレは卵のまわりについている細胞を剥がすときに使うシャーレです。培養液①の上にオイルをかぶせて培養液の蒸発やpHの変化を防ぎます。

細胞を剥がした後に、卵を洗浄するためのシャーレです。12個の培養液①の上にオイルをのせています。

顕微授精が終了したあとに受精卵をいれるシャーレです。12個の培養液②の上にオイルがのせてあります。卵子と精子に使う培養液と、受精卵につかう培養液が違うのは、必要とされる成分が異なるためです。

紹介したシャーレに加え、精子調製用の培養液①と採卵でつかう洗浄用培養液をボトルに用意します。

採卵前日に培養液を用意して、インキュベーターの中に一晩いれておきます。インキュベーターの中は37℃になっており、O2が5%でCO2が6%と濃度が制御されています。これは卵管内の状態に近づけ、卵子や受精卵にストレスを与えないようにするためです。受精卵を入れるシャーレはタイムラプスインキュベーターの中に入れます。

それ以外のシャーレは全てこちらのインキュベーターの中に入れます。

このあと一晩かけて培養液と使用する器材はゆっくりとあたたまりながら患者様の卵子を受け入れる頃にちょうど良い状態になります。

※実際に使用するシャーレ等は全て、取り違え防止のため患者様の情報の記入しています。


精子調整

体外受精当日朝におこないます。
精液は ①当院の採精室でとる ②自宅でとったものを持って来院する ③あらかじめ冷凍保存したものを使う という方法があります。採取された精液には、卵との受精を妨げてしまう成分が含まれています。また、通常射精された精子は子宮頸管から卵管へと進むにつれて受精できる能力を会得していきます。そのため、体外で受精を行うIVFの場合は、精液中に含まれる白血球や細菌などの受精の妨げになるものを除去し、さらに、培養液で洗うことで、受精に用いることができる状態にします。

採取され、洗浄する前の精子の状態
動いていない精子や動いていても動きの鈍い精子、形の異常な精子、さらには精子以外の丸い細胞など多数の夾雑物を含んでいます。この中で形の良い動いている精子を選ぶ必要があります。

精液の中から精子を分離するために、2つの密度の違う溶液を使います。この溶液は精子に悪影響を与えません。

2つの密度の違う溶液を重ねて、その上に精液をのせます。

精液の入ったチューブに遠心力をかけて精子を分離します。

分離後には3つの層にわかれます。一番上の層は精漿といって、白血球や細菌などが含まれています。真ん中の層は、発育不十分な精子や死んでしまった精子などが含まれます。また、形の異常な精子の多くもこの層に含まれます。一番下の層には、良い状態の精子が多く集まります。

分離に使った溶液を培養液で洗浄し、遠心力をかけて精子を下に集めます。これを2回行います。

遠心力をかけることで下に集まった精子

最後に少量の培養液で精子を濃縮して精子調製が完了します。

洗浄が終了したあとの精子です。
精子が濃縮されており、白血球なども見られず、元気の良い形の良い精子が多く見られます。この状態の精子を人工授精や体外受精、顕微授精につかいます。


体外受精の流れ

採卵~受精の準備

岩城産婦人科では午前中に採卵します。
患者さんは採卵ベッドに横になります。
院長が経膣超音波で卵胞の位置を確認しながら、卵子を卵胞液ごと吸引します。


↑採卵室の隣に、培養室があります。

採取できた卵胞液は、胚培養士が受け取ります。

試験管が卵胞液にいっぱいになったら、
その都度、看護師が奥の培養士に手渡します。

試験管を受け取ったら、ただちに培養士が
卵胞液のなかの卵子を培養液に移します。

できるだけ早く移したほうが
卵子をいためないので、
できるだけ素早くおこなっています。

培養器に移して、
卵子が受精しやすくなるまで培養を続けます。
※2時間、前培養というものをします。

培養器の中は卵の成長に適した環境で、
酸素濃度や温度などが調節されています。

多くの場合2時間の前培養で、
卵子は受精しやすい状態になります。

顕微鏡で卵子の状態を確認します。

精子ふりかけ法(媒精)または
顕微授精を行います。


体外受精の2つの方法

体外受精には、顕微授精精子ふりかけ法があります。

極めて小さいサイズの針を使って、顕微鏡で観察しながら、精子を卵子に注入する方法が顕微授精です。

↓①とても細い針で、精子を選ぶ

自然妊娠で精子が卵子に受精するには、いくつかの障害が存在します。

ー受精までの道のりでの障害ー

精子が自ら泳いで卵子へ
たどり着かなければならない

卵子を囲う透明帯を通過しなければならない

など

精子の数が少なかったり、運動性が低かったりすると、障害を突破することができません。

顕微授精では

動き・形の良い精子を卵子に直接注入することで、こういった障害がなくなります。

精子ふりかけ法では

卵子の入ったシャーレの中に精子を一緒に入れて、精子が自力で卵子の中へ泳いで入って受精します。

精子ふりかけ法

採卵でとれた卵子に、精子調整をした精子をかけて受精させる方法が、精子ふりかけ法です。

精子調整とは https://ameblo.jp/po4ku3chi2/entry-12420210620.html
精子調整の前後の画像 https://gamp.ameblo.jp/po4ku3chi2/entry-12420368321.html

精子が自力で泳いで卵子へたどり着く必要があるので、精子の数や動きが良好でないといけません。

精子をかけた後は、一晩培養して、翌朝に受精しているかどうかを確認します。

その後は、顕微授精と同じように、最新の培養器(タイムラプスインキュベーター)で培養となります。

顕微授精について
https://ameblo.jp/po4ku3chi2/entry-12421033365.html

岩城産婦人科では、
顕微授精にするか、精子ふりかけ法にするか、選ぶ時の精子の状態の基準を、ミシガン大学と同じ基準にしています。また、患者様ご本人のご希望をおうかがいして決定します。