婦人科

ガン検診について

子宮癌検診の勧め

今まで、30 歳以上の人が対象であった子宮癌検診が、平成 16 年度から 20 歳以上と年齢が低くなりました。 補助金の変更も考えられていたようですが、国や地方自治体の財政難のためまったく進んでおりません。 昨年、当院でも20歳、30歳代に3人の子宮癌患者を診断できました。 早期癌のため手術のみで治癒しています。

これをふまえて、当院ではなるべく子宮癌検診を行うべきと考えています。 保険適応でもあり、結果も電話でお知らせできるため、簡単になっています。 現在、妊婦さんは妊娠初期、あるいは産後健診のとき行っています。 さらに婦人病、不妊症など来院患者さんも、この際になるべく子宮癌検診を受けるようにお勧めします。ご希望の方は、診察の際にお申し出ください。

乳癌健診のお知らせ

乳癌健診は、平成16年4月1日より40歳以上の人は、X線撮影によるマンモグラフィが必要となりました。また、30歳代の方は助成について明確なことが決まっていません。
当院では、以上のことより現在、乳癌健診を行っていません。