ご案内

ごあいさつ

当院では次の四つのことを柱とし、日々努力しています。

〈1〉母親と胎児に安全を最優先に考えた分娩 〈2〉体に無理をかけない体に優しい更年期治療 〈3〉十分な根拠に基づく婦人病健診治療
〈4〉そして特に当院が力を注いでいる、最先端の技術を要する不妊症治療

情報が多量に、そして責任もなく一人歩きしている現在です。
目先に惑わされず、確実に正しいと思われる治療を選び、皆さんに提供することが当院の使命と考えています。

院長 岩城 雅範〈いわき まさのり〉 略歴

北海道大学医学部昭和59年卒業 産婦人科医局入局。砂川市立病院、浦河日赤病院、苫小牧市立病院を歴任。
平成12年12月8日開業し、平成19年4月1日に医療法人社団 岩城産婦人科と法人化、現在に至る。
産婦人科認定医、優生保護法医、特定不妊症治療指定機関、日本産婦人科学会、不妊症学会、受精着床学会、生殖免疫学会、新生児学会、日本東洋学会所属